目黒区でおすすめの不動産会社をランキング形式でご紹介!口コミで評判が高い不動産会社を徹底比較!

子育て世代にはマンションより一戸建てがおすすめな理由とは?

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/29


子どもがいるファミリーが新居の購入を検討する際、「マンションと一戸建てはどちらがいいか」と悩む声をよく耳にします。マンションと一戸建てにはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、より多くの方が選んでいるのは一戸建てです。この記事では、子育て中の方が一戸建てを選ぶ理由と、物件選びのポイントなどについて紹介します。

子育て世代にはマンションより一戸建てがおすすめな理由

■間取りの自由度が高い

マンションでも間取りの変更が可能なケースはありますが、一戸建てのほうが間取りやレイアウトの自由度も高く、家族構成やライフスタイルに合わせて選択することが可能です。また、子どもたちの成長にともなったアレンジやリフォームが自由にできることも魅力です。

■音を気にしなくてもいい

マンションに住む上で、とくに気になるのが音の問題です。子どもが走り回る足音、泣き声や叱る声など、隣や階下の家に伝わりやすく、早朝や夜間などの時間帯では騒音として苦情につながることも考えられます。ずっと気にしていると、子どもも親も気疲れしてしまいますよね。

一戸建てなら、隣家との間にある程度の距離があるので、周囲を気にせず、子どもを思い切りのびのびと遊ばせてあげることができます。家族の心に余裕が生まれ快適に過ごせることは、大きなメリットといえるでしょう。

■駐車場や庭を確保できる

マンションの駐車場は家から距離があることも多いのですが、一戸建ての場合は敷地内に駐車スペースを設けることができます。子どもを抱っこしたり、ベビーカーなど大きな荷物を降ろすときも、移動距離が短いことはとても便利です。また庭があれば、子どもが自由に走り回ることができるほか、家庭菜園やガーデニング、BBQを楽しむこともできます。

子育て世代が物件を選ぶ際に意識するべきポイント

■日当たりや風通り

「日光には生活リズムを整える作用がある」といわれており、日当たりのよさは子どもの成長にとても重要な要素です。日当たりがよければ、子育て世代では多くなりがちな洗濯物も乾きやすいでしょう。通風も考慮すれば、快適であることはもちろん、光熱費を抑えることにもつながります。

■収納スペース

家族の人数が増えたり、子どもが成長にするにつれて、物はどんどん増えていきます。各居室はもちろん、玄関や洗面所内にも充分な収納スペースがあると家の中がすっきりします。廊下や階段下などにも収納スペースがあると便利です。

■家事動線

子育てしながらの家事は、本当に大変なものです。少しでも楽に、時短になるような間取りや動線が求められます。さまざまな設備も普及しているので、それらが導入されているかどうかもポイントとなります。

■事故防止

子どもにとって危険なことは、家の中にも数多く潜んでいます。家事をしながらでも子どもを見守ることができる、子どももいつも家族の気配を感じることができる、そんな間取りや動線が理想です。キッチンや階段にベビーゲートがつけやすいか、無駄な出っ張りはないかなども見ておくとよいでしょう。

■防犯

子どもの安全を考慮し、防犯機能の付いた玄関ドアや、モニター付きインターホン、人感センサー付きライトなど、防犯性を高める備えも重要です。

子育て世代は立地選びにも気を付けよう!

間取りなど住宅について考えることも大切ですが、子育てに適した生活環境を選ぶこともとても大切なポイントです。

■子育て支援の充実

医療費の助成や子育て相談など、子育て支援制度の内容は自治体によって異なります。待機児童や学童の状況もチェックしておきましょう。必要とする子育て支援があり、働きやすい環境が整えられている自治体は、子育てしやすいといえます。

■周辺環境の充実

幼稚園や保育園が遠いと送迎の時間がかかり、小・中学校が遠いと子ども自身も大変になります。毎日のこととなると負担も大きくなってしまうので、無理なく通えるように、きちんと確認しておく必要があります。駅やバス停が近くにあると、通勤や通学に便利で、行動範囲も広がります。

また、小児科をはじめとする病院やドラッグストア、スーパーなど、生活するうえで欠かせない施設も近くにあると安心です。その他、子どもが遊べる公園や図書館が周辺にあると、近所の人と交流したり出会いの場にもなります。

■安全性の確認

交通量や人通りの多さ、街灯の有無や周辺の治安など、安全性に関わる項目を時間帯や曜日を変えながら事前に確認しておきましょう。また、いつ起こるか分からない自然災害に対しても注意が必要です。自治体がHPなどで発表している地域の「ハザードマップ」をチェックし、地盤の強さ、浸水や液状化の可能性などを確認してみるとよいでしょう

 

居住環境は、子どもの成長にとって大切なポイントです。考慮する項目がたくさんありますが、子育て世代が住みやすい家は、誰にとっても住みやすい家といえるでしょう。子どもがのびのびと過ごすことができ、子どもの成長を見守りつつ、家族全員にとって居心地のよい環境で生活したいのであれば、やはりマンションよりも一戸建てがおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

家を建てようと思っているけれど、平屋建てと2階建てどちらが良いかで悩んでいませんか?家といえば2階建てという考えもありますが、近年では平屋建ても人気があります。そこで、今回は平屋建てと2階建
続きを読む
最近はリノベーションや古民家が流行していることおもあり、初めから自分の好みに建てられる新築か、味わいのある中古物件を購入してリノベーションしようか迷われている方も多いのではないでしょうか。そ
続きを読む
マイホームを購入するにあたって、2階や庭のある一戸建が良いのか、初めからさまざまな設備が付いて住民の共有スペースなども充実したマンションが良いのか、迷われている方も多いのではないでしょうか?
続きを読む