目黒区でおすすめの不動産会社をランキング形式でご紹介!口コミで評判が高い不動産会社を徹底比較!

信頼できる不動産会社を見極めるコツとは?事前に確認して失敗を防ごう!

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/11

不動産会社には大仕事をまかせるため、信頼できる所を見つけたいもの。見極めるコツはあるのでしょうか?結論からいうと不動産会社=営業マン、優れた営業マンを見つけられるかどうかにかかっているのです。ここではまず、おすすめできない営業マンの特徴についてお話しした後に、信頼できる営業マンについても見ていきます。

契約するべきではない不動産業者の特徴

悪質な不動産会社には「自社を大きく見せたがる」「社員の定着率が低い」「『国土交通省ネガティブ情報検索サイト』に掲載されている」といった特徴があります。

加えてありがちなのが「契約を急がせる」不動産会社。お客さんが大きな決断を下そうとしているのに、あせらせる言動を取る不動産会社はいかがなものでしょうか?

「売り時です」「買い時です」を連呼する

不動産会社は主に契約手数料で収入を得ているため、実際に売買が行われなければ生きていけません。そこで連呼するのが「売り時です」「買い時です」という言葉。件数をこなすことしか考えておらず、お客さんの人生などどうでもよいことが感じられます。

相場の上下は確かに重要ですが、不動産の売買に適当なタイミングはお客さんそれぞれで異なるはず。じっくりとヒアリングもせず「売り時です」「買い時です」とばかり口にするような不動産会社は要注意です。

何を話しているのかがわからない

不動産の売買など、そうできる経験ではないため、お客さんは不慣れなのが当然です。にもかかわらず専門用語を連発し、何を話しているのかがわからないようでは大問題です。

お客さんがわかりやすい言葉を選んで、慎重に話を進めるのが優秀な営業マン。契約さえ取れればいいやと、とにかく話を進めたがる不動産会社は信用できません。

とにかくローンを通そうとする

これも契約を急がせる不動産会社にありがちです。ローンが通れば成約件数が増えるので、不動産会社が必死になるのはわかりますが、その額の不動産を購入しても大丈夫なのか検討は充分ですか?

ローンの審査に通ることと、支払いが無理なくできることは異なります。支払いができなくなるケースを避けるために、充分な検討は行われるべきなのです。

またローンを請け負う金融機関によって条件はずいぶん異なります。有利・不利があるにもかかわらず比較検討を行わせず、強引に自社が提携しているローンをすすめるような不動産会社もおすすめできません。

物件に手を加えたがる

築年数がたった建物は確かに売れにくいものです。しかし営業努力をする前に、リフォームや解体をすすめてくる不動産会社は悪質です。契約を取りたいがために、費用を負担させようと感じられるなら、不動産会社との関係を見直した方がよいかもしれません。

これは不動産の購入時も同じこと。確かにリノベーションが流行ってはいますが、このままでも住めるにもかかわらず、手を入れることを提案してくる不動産会社は要注意。リノベーション会社と結託している可能性もあります。

信頼できる不動産会社を見極めるコツ

信頼できる不動産会社とは、お客さんのことを第一に考えている所です。以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

ヒアリング能力が優れている

お客さんの要望を聞き出す力=営業マンの力量!ニーズをくみ取ることができなければ、ピッタリの物件を紹介することは不可能です。聞き上手の営業マンがいる不動産会社は、信頼できると考えられます。

デメリットも交えて話ができる

優れた営業マンはヒアリングをする一方で、不動産のプロならではの意見を述べるものです。お客さんにピッタリの物件といえど、メリットだけではありません。デメリットも交えて話すことができるうえ、ローンや節税対策など、具体的なアドバイスも忘れません。

レスポンスが早い

問い合わせや要望に対して、すぐに反応を返す不動産会社は信頼できます。レスポンスが遅い会社は、人員や体制が整ってないなど何かしらの不備があるものです。

不動産会社を訪問する際に気を付けるべき点

何かいい不動産はないかな?というスタンスでは、いつまでたってもピッタリのものは見つかりません。せっかく不動産会社を訪問するなら、どのような物件を探しているかをできるだけ具体的にしておきましょう。

予算はもちろん希望するエリア、広さ、購入時期くらいははっきりさせておく必要があります。また物件を売却したい場合も同じです。なぜ売却したいか、いつまでに売却したいかといったことは明確にしておきましょう。

なるべく予約するべき

購入する場合はHPなど、売却の場合は口コミなど、不動産会社をたずねるきっかけはあるはずです。ならば、なるべく予約をしたほうが効率的。営業マンも手をあけて待っていてくれるはずです。

予約時に購入希望物件の条件や、売却予定の理由を伝えておけば、不動産会社も準備がでるので、お互いに時間をムダにすることもありません。

 

優れた営業マンは、お客さんの立場で物事を考えられるもの。ヒアリング能力が高く、プロならではの見解が述べられるものです。

見つけるのが難しいと感じたら、まずは契約すべきでない営業マンを排除することを考えましょう。すると時間を過ごすうちに、営業マンの別の面も見えてくるはず。

コミュニケーションが取れるようになれば、こっちのものです。不動産売買が成功するかどうかは、出会いにかかっているのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

家を建てようと思っているけれど、平屋建てと2階建てどちらが良いかで悩んでいませんか?家といえば2階建てという考えもありますが、近年では平屋建ても人気があります。そこで、今回は平屋建てと2階建
続きを読む
最近はリノベーションや古民家が流行していることおもあり、初めから自分の好みに建てられる新築か、味わいのある中古物件を購入してリノベーションしようか迷われている方も多いのではないでしょうか。そ
続きを読む
マイホームを購入するにあたって、2階や庭のある一戸建が良いのか、初めからさまざまな設備が付いて住民の共有スペースなども充実したマンションが良いのか、迷われている方も多いのではないでしょうか?
続きを読む